(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

馬林エキストラスペシャル・レビュー

f:id:ttmako10:20171116000926j:plain

 

使っていないラケットがたくさんあるので、

少しずつレビュー投稿。

今回は、馬林エキストラスペシャルです。

 

全中チャンピオンの手塚選手が使用中。

神選手も過去に使っていたらしい。

 

基本的な構成は以下のとおり。

板厚:6.3mm

重さ:90g±5

上板:ウォルナット

 

赤い染色材が2枚で、6.3mm

Yasaka時代のクリッパーウッドの

上板ウォルナット版といったところでしょうか。

 

今回のラバーは、ラクザ7トクアツ

オメガVツアートクアツを貼りました。

重さ186g 最近この重量多い。

(基本インナーZLCとの比較です)

 

スポンサードリンク

 

 

軽打

上板が硬めなので、球離れも早めです。

スピードは良しですね。

軽く打ってもラケットがスピードを補ってくれます。

 

打球感弱め。あまり手に響きません。

フォアは微妙な感じですが、

バックは押される感じが無く、かなり好感触!

 

 

ドライブ

手に響く感覚が弱めなので、

かかっているのかやや不安になりますが、

 

ブロックしている相手としては

結構質がよいボールが飛んでいるとのこと。

インナーZLCと同じくらいらしい。

 

弧線も意外に高い気がする。

 

 

台上技術

少し飛び出し早めなので、

ツッツキのコントロールがやや難しいです。

やっぱり回転がかかっている感触が弱い。

フリックは好感触。そりゃそうだ。

 

 

スマッシュ

これは意外にもやりにくかったです。

力が伝わりきる前に上板が飛ばしてしまうので、

思った以上にロスする感じ。

10で打っても8で飛んでいくみたいな。

ハードウッド系に共通した上限がある感じです。

 

 

総評

このラケットは中陣からドライブというより、

前陣でピッチの速いラリーで点を取る用かなと感じます。

 

特にバックブロックは好感触なので、

相手を振り回しやすい。

 

球持ちもインナーZLCほど持たないため、

回転影響も少ないようです。

普段ボールが暴れて使えないオメガVツアーが、結構使えます。

 

同じ上板のマリンEOに似ていますが、

7枚合板だけあってマリンEOほどしならないので

威力も出しやすい。

 

ハードウッド系の打球感が好きで、

クリッパーも好きな人はベストか。

 

粘着ラバーならちょうど良い打球感になるのかな?

僕はやっぱり上板リンバが好きみたい。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤサカ Sラケット マリンエキストラスペシャルMES-1 YSK-YM41-
価格:7344円(税込、送料無料) (2017/12/24時点)


 

プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(GoogleアドセンスAmazonアソシエイト)を利用しています。
これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスした情報 『Cookie』
(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
もし、Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、
お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをご確認ください。