(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

ラクザX・レビュー

f:id:ttmako10:20171128203651j:plain

 

神巧也 選手のプレーを見て

バックをファスタークG1→ラクザXへ変えました。

トクアツです。輪廻が進行しています。

 

重量はラケット全体が186g→189gへ増。

ラクザXのラバーのみで49gあるようです。

90gのZLCに貼ったからかー。

 

G1の頃と比べてたった3g増ですが、

重く感じます。ふしぎ

 

ラクザX自体は以前使ったことがあるものの、

第一印象が良くなくて、すぐに剥がして、

放っておいたら縮んでいたという思い出。

 

ということで、

じっくり打つのは意外と初めてなのかも。

基本、G1との比較になります。

 

まず、ファーストインプレッションとして、

シートが柔らかい気がします。

 

王国の別冊卓球グッズでは

G1:48.3度 ラクザX:48.5度

とあるのですが、シートはラクザXが柔らかい気がする。

 

G1だとシートが「ガツッ」って噛むけど、

ラクザXはそういう感触じゃなくて、

少し食い込んだ後スポンジの硬さで飛ばしている感じ。

 

スポンジの硬さがあるからか、

フォアの感触が変わります。

よりフォアの打球感が手に響くようになりました。

ファインジップ薄かった?

 

軽打

G1より打球感は弱めですが、

シートに食い込む感触がある分、

ラクザXの方がスピード出ます。

 

押されるような感覚が少ないのは、

シートだけでなく重量が増えたこともあるかな。

 

ドライブ

軽いドライブはラクザXの方がやりやすい。

シートのひっかかりが弱めで飛ぶため、

少ない力でいいボール出ます。

ミートもいい感じです。

 

ただ、強いドライブを打つ時は、

G1の方が回転、スピードの上限は高い気がする。

 

パワー伝達率はG1ですかね。

ということでスマッシュもG1の方が打ちやすい。

 

 

ブロック

これは完全にラクザXに軍配。

やや柔らかいシートのおかげで、

相手の回転影響が少ないですね。

 

G1は回転影響が強くて

ブロックのタイミングがちょっとシビア。

 

台上技術

これはG1の方が安心感ありです。

打球感が強めのため、

どのくらい飛ぶか予想がつきやすい。

 

ラクザXは少し食い込んだ後、

スポンジが飛ばすような感じなので、

オーバーミス多くなった印象。

 

あと、チキータも十分可能でした。

 

とりあえず、

僕はG1やめてしばらくラクザXにします。

シートが柔らかく感じるので、

G1より守備がやりやすい。

 

ただ、いくらなんでも189gは重い。

85gのZLCに張り替えたいけど、

それにはブルーファイアJP01ターボを貼る予定のため、

しばらくこのまま頑張ろう。

 

うーむ、重くてラケットエッジが増えた印象。

筋力をつけねば。

 

11/30追記

ラクザXは強く打つとかなり飛びます。

中くらいの力で打つのが安定するようだ。

 

5.17追記

リュウシーウェンのバックに張り替えたら、かなり良い感触。